記事リスト

聞く学習が一番大事

女性教師

聞くが話すの第一歩

スピードラーニングを評価するにあたり、言語学習で大事なものは何かを考えてみましょう。言語学習には、聞く、話す、読む、書くの4つの能力が必要です。その中で特に大事なのが”聞く”能力であり、それこそがスピードラーニングの高評価の理由となっています。言語学習で”聞く”が大事なのは、子どもの言語習得を思い浮かべれば分かります。赤ん坊から幼少期にかけて、言葉を話せるようになるためには、親や周囲の人間の会話を聞くことがスタート地点です。やがてよく使われる言葉の意味を捉え、自分もマネして話してみる、そしてマネする言語が増えると会話ができるようになるのです。英会話を習得するには、子どもと同様に、まずは聞くことに慣れなければいけません。いきなり文字の読み書きをするのは、すでに一つの言語をマスターしているからできる勉強法です。もちろん、語彙力を鍛えれば会話の幅は広がるでしょうが、肝心の聞く力がなければ、その知識は活かせません。スピードラーニングはクセのない英語発音を収録しているので、聞きやすいのも高評価。また日本語と交互に流れるので英語の意味を追いやすく、会話内容が自然と頭に入ってきます。聞き取りやすい英会話で耳を鍛え、あとは発音をマネし続けることで、話せるようになるわけです。スピードラーニングが評価されるのは、言語学習の基本的な部分を抑えているからです。子どもが言語を話せようになるメカニズムと同じで、聞くから話すへ派生する仕組みがうまく学習にフィットしているのです。

Copyright© 2017 英会話教材の評価は?スピードラーニングの特徴|英語のプロ All Rights Reserved.